個人輸入の育毛剤のメリット・デメリット

育毛剤を個人輸入するとどんなメリットがあるのでしょう?
逆にデメリットはあるのでしょうか?
まず、個人輸入に関してメリットと考えられる点は、
日本では入手しにくい育毛剤が簡単に買えることです。
これは大きなメリットですね
次に海外に行かなくても自宅でお買い物ができる。
そして海外商品は消費税がかからない。
安く手にいれることができる。
大まかに言うとこのようなメリットがあります。
ではデメリットはどうでしょうか?
届くまで時間がかかること。
送料が高くつくこと。
国内製品とは違い海外製品は手に取るまで
どんな商品なのかわからない。
などデメリットも沢山あります。
いつも使っていてよく理解できているものであれば
心配することなく購入することができるでしょうが、
初めてのもので情報も薄い商品を個人輸入する場合は、
不安でいっぱいでしょう。
実際にサプリメントや漢方薬など、粗悪品を送りつける場合もありますので、全てが安心できるとは限りません。
また最大のデメリットは英語がわからなければ
困難だということです。
だいたいわかる!では安心してお買物はできません。
個人輸入代行業者もありますので、
個人輸入の際は代行業者を通して行う方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>